ユリコレコードその周辺

酒粕量販店(ベイブベイブ)

20190501002332016.jpg

((※長押しする。))

絵のない絵本。
歌のない音楽会。
日付のない日記。
麩のないふ菓子。
仏恥義理の夜露死苦。
こんばんは、鼠先輩です。
(バンクシーかもしれない)

かっこつけたいもんなんだよ。
かっこつけるなっていっても。
それも真実じゃん、丸裸の。
何かを纏うものだからね。
それが時代錯誤でも今ドキでも、
吉田栄作の太陽野郎でも、
ギバちゃんのファーストでも。

三日間ぶんじゃないって、
日付がないってなるでしょ。
なんないの、じゃいいけどさ。
近況はユーラシア大陸横断くらいかな。
ほら、ひとに勧められないでしょ。
宗めも教えもないもんね。
だからつづくんだって、
最近わかってきたね。
活動ってそれだって。
そうじゃないの?
じゃなんなの?
これ以外?
あちゃー!

やすらぎの郷 in マウイ

20190501001858619.jpg

4/19晴れ(書くんかい)
最新が最良だって限らない。
最良がいいとも限らないように。
こちとらお先にごぼうとワンカップで、
いっちょ野村貴仁してますけども。
ヘルメットおちたら玄関とこ、
ひょっと置いといちくだせえ。
くかぁZzz...

字は字なんだよね。
でも限りなく話し言葉になりたい。
ここでもずっとやって無理だったよ。
もう次とゆうか第二のコースへと、
そんな、狂っちゃった坊や。
(ボーイボーイボーイ)

おもしろはんぶん、おっかなびっくり、
ちかづいて、玩具にしたら放り出して、
とことん無視するみんなにサンクユー。
(あるでしょみんなそんなこと)
どの面さげてのそのいい話なわけなの。
いけしゃあしゃあと何かのせいでさ。
それくらい大事な自分なんだよね。
何も落ち込むことないじゃん。
また泰葉がすいませんとか、
冗談にしてもらえたら、
よかったのにね。
(のにね)

死なないと認めないひとやもの、
(びくともしないon the go!)
いっこうに村社会なシーン。
(村に謝れoh oh)
客席は取り払われた、今しかない。
(いつやるの逆でしょuh uh)
彗星の如く酒粕量販店ザ登場。
(ベイブベイブ)
いつまでそんなことやってんだ。
(ベイブベイブ)
イントロで泣ける。
(77777777…777777…7)
揃ったぜ、目をさませよベイブベイブ。

ゴールデンウィークごとに、とゆうか、
(これの公開は連休の間になるので)
(さも頼まれたみたいに書きたくなった)
清志郎さんと清志郎さんが好きだった友人、
けっこう思い出すんだよね。(命日がある)
中学のときRC時代のインタビューとか、
読みたくて仕方がないから古本屋いって、
ロッキングオンかな、多分OKのころ、
チャボさんとのインタビューで清志郎さん、
「自分は死なないと評価されないんだと思う」
と冗談まじりらしく「(笑)」もふくめて、
けど現実になってから、あのころ個人的には、
RCはもう活動休止してそれから好きになって、
なんだかしっくりこなかった世評も、
皮肉なことにカバーズにまつわり、
讃えられたこと、もやもやはする。
自分より昔からファンだったひとなんている。
そう言いたいんじゃなくて、
なんというのかな。

ひろがりを持たないことで保った、
平均台は角と角ごと擦れ色をしていた。
一見わからないくらいに複雑でないと。
残念ながら単純にはできなかったんだ。
単純は楽なんだけれどもさ、
楽って楽でしかなかったな。
複雑とゆうのは選択すること。
選ぶのをやめてしまうと頭ぼけるよ。
鈍るともうしばらくは取り返せないんだ。
今これを書いている人物に因る。
えっちらおっちら多少みんなつかず離れず、
なんとなくあれ(どれ)かと思ったのにね。
(またのにね)

自分で自分のための個展をしたくて、
店をかりていますと言っても伝わらない。
訊かれたから答えたのにはてなマーク返される。
気がちいさいな。おれよりちいさいなんてさ。

(嘘)

スネイクビンタ!
(今晩おまえにシティコネクション!)

あぶりだすんじゃなかったでしょ!!

「Gペン」とゆうGパン色のペンを開発して、
あの頃にはフォルクスワーゲン乗っていた。
別にフォルクスワーゲン乗りたくなかった、
フォルクスワーゲンに乗っているひと、
イメージだけど運転が荒い感じがする。
わかんない、今ちょっと妄言ぶっこいた。
違うの、Gペンはなかなかいい発明でね、
フォルクスワーゲンだってGパンにできるの。
絶対的な課題は絶対でないことだけど、
世界から絶対がなくなったと仮想して、
なんだか考えていることは、
何も読まない、何も書かない、
何も撮らないし描かないし歌わない、
そんな自分と通じるひとに届いてほしい。
いいんだ、活動する場がなくたって、
誰も見ていなくても好き勝手しよう。
もう日付も特に書かない。
いいじゃんか、べつに。
4/20からの話だけどさ。
((書くんかい。))

夜。
自転車屋のおばちゃんとこ挨拶にいったら、
菜っ葉ゆがいたからとくれたりしてね。
ちょうど榛名のほうへ今日は用で、
帰りにおまんじゅう買おうかとして、
道の駅のがおいしいんだよてんで。
それから野菜がそれこそ安くて、
ニラなんてひと束40円とか。
ほうれん草も束60円だとか、
そこでわたしね、かるめ焼き買うわけ。
知ってる?かるめ。単なる砂糖のかたまり。
それを珈琲と食べるんだよ、甘いの禁止だけど、
たまにはいいがね、食べるのよそれをさ。
で、またそれ帰る途中に本タカあるだろ、
あそこでいいタイツ買うわけよ500円の。
それ部屋で着て走りに行こうかとしたら、
破けてやがんの、股のとこが。
ほんとにいやだよ。

その、本タカ寄ったら、
(老舗チェーンおばはん服屋)
本タカって独特な選曲の歌謡曲、
あれ有線なのかな、じゃないよな、
ちょっとむかしの流行歌ばっか流れる。
Tubeの異邦人の丸パクりみたいな曲とか、
10年前にもここ似たようなこと書いたな、
米米CLUB率が高いのよ、アブラカタブラとか。
CHAGE and ASKAのprideとかあの辺の、
ブレイク前夜だったらしい曲だとかね。
そこへRIP SLYMEの曲かかって、
うわなんだったっけこの曲、
ってその場で調べたblue be-bop。
あぁ、そうじゃそうじゃ。
それぞれひとつのライフ。
ひとつの愛をイエイエ。
それ違う曲かそっか。
じゃ大嫌いだよ今や。
(トーキョークラシックのLP聴きながら)
(blue be-bopもjointも10inchもってる)
(すっかり忘れてたけども好きだった)

20190501001836940.jpg

ここまで4/20。(どこから)
ラッカー吸いすぎて忘れてた。(何を)
台所で深夜うとうとして、ソファーでジョー。
毎日が最終回、灰になってスマホ落として、
はっ、て起きたら画面われててなんなんって。
座ったとこから落として割れるようなのを、
月賦で買わされて馬鹿みてえだなと感じて、
それからほぼ触れもしなかった4/25。
たまに置いて仕事のことで色々あり、
呆れられたのち不在を家できいて。
くだらなくなったんだよね本当。
つかれるしさ、気候もいいけど。

昨日は森田童子の命日だったんだって。
たまむすびをタイムフリーできいて、
ちょうどね、あれたまたまなのかな。

もう心まっぷたつだから書いてみるけど、
音楽を通じて知り合い、共通の好きな歌があり、
死ぬほど笑った数少ない友人たちに、
この場をかりて、ふぁひはほお。
ごめんラリっちゃった(笑)
もういっかい。
わーたしさくらんぼ(笑)
つながったね(笑)
なにがだよ(笑)

市からの支援金みたいのを、
何も受け取らないでする選択。
苦しいが、仲間に声をかける形で、
要するに指定業者じゃなくて、
こつこつ好きにやろうかと、
ま、やらなくてもいいし。
本当はやりたいんだよ、
きちんと対価を得て、
その話は書けないけどね。
ある程度の次元である限り、
ふさわしくないと続かないってこと。
その場しのぎでいいならいいけどさ、
もう今は残念ながら2019年なんだよね。
周りがみえていないのも、まずいんだ。
安直な改装、同じような平塗りの町。
あと何年かなこれやれるのはと未明。
名前をあかさなくていいギフト、
ちょっと恋していた高嶺の花、
地味に生きると味がすごい。
(挙動のはしばしほぼ童貞)

各々おもいおもいの乗り物に乗ったり、
または歩いたりしているから、
集まるってそもそも大変なはずなのに、
なんか馬鹿がよくこうして揃ったねとゆうの、
笑っていられたらいいんだけどね、
いや自分は笑うけどね、
親友が四年前に倒れて、
彼はその目印だったし、
簡単に言うとそのすべてだった。
今もそう、香りで消えないように、
みんな、おもいおもいでいる気がする。

前回の3日ものシリーズのやつで、
「ムーミンママのお料理の本」を片手に、
マカロンとクッキーのあいのこみたいの、
あのとき作ってみたのよね。
オーブンが便利で今うち。
そうしたらTwitterでクッキーが話題でね、
いや、おでのが先だぞ!なんてことじゃなく、
(クッキー作るのふつうだしわがやじゃ)
(検索すりゃ下手したら出てくるんじゃないか)
(出てきてもそんなむかしの話なんだってんだ)
たとえば、以前こんなことがあった。

よし、その前に一発LSDいれっか。

あのね、
前めがねが胸に描いてあるワイシャツ着ていて、
ファストファッションつうの、よくあるブランドのだから、
珍しい訳でもなんでもないのよもともと。やべこぼしちゃった。
気に入って何年もそれ、長袖も半袖もそれ。
さて今年もそれ着るかってしたら、
仕事場で「ニゲハジニゲハジ」と。
シャチョサンシャチョサンみたいな流行?
とおもえば当時の人気ドラマみたいで、
どうやら星野源がそれで着ていたブランド、
で、ちょうど話題だったんですってね。
その頃あまりSNSも見なかったから、
(テレビも持っていなかったしね)
恥ずかしくて自分が、いくら雰囲気イケメンでも、
同じ雰囲気イケメンではないじゃない星野源。
別の雰囲気イケメンってゆうか別の生物か、
別の生物としてすいませんと思ってさ。
そこへきてのクッキーみたいなところ。
なんだよ💨ってむかしならおもったよ。
でも今はなんなんだよ💦って別の焼く。
のんきなママのミニクッキー。これね。
オートミールのかんなくずクッキー。
こっちのが難しいの、クッキークッキーしてる。
♪ダーリンダーリンここにきーて
フリマで売れないってゆうか出禁だよおれ。
パイ作りにチャレンジしたいんですよね。
わたし意外とパスタとパイ好きなのよ。
細川ふみえさんのバスロマンのCMで、
細川ふみえさん湯船ごとくるでしょ。
あれ子どもながらにおっかなかったなぁ。
うわあああ!って、それはパイパイか。
細川ふみえさんつかまえてパイパイかって。
(挙動のはしばしほぼ童貞)
(LSDのことが気になって話が入ってこない問題に触れないんかい)

なんかシティポップっぽい雰囲気の、
セブンスかませりゃポップマエストロみたいな、
たいして好きでもなさそうなへんな安い上澄みの、
ぶりっこした男の子を根こそぎ平成へおきざり。
これからはミミ萩原親衛隊ポップよ。
いや、いわば女子プロシンセポップ。
これ流行るしトッポいべぜってえ。
ただミミ萩原かなおれやっぱ。
曲がいいやな、歌もいいし。
あーだめだカスレコ話は。
脚洗ったんだからもう。
ふつうに名盤ききてえ。
って誰か言ってたおれじゃない。

今日のlyle hiroshi saxonさん散歩


はじまった。
4丁目ですよ、ディスクファンのあった。
ディスクファンは店員の女の子がおつりを渡すとき、
やけに手を握って渡してくれることで「ぽー///」となる、
とゆう以前になにしろ全体的に良心的な値段設定のお店で、
うーん、でもどうゆう理由かそれにしてもいつも賑わっていたな。
賑わっていたんだけども、なくなっちゃったねそこもさ。
mixiにファンコミュがあってあわてて入ったりしたもん。
今も新しく作ったアカウント?でも入ったよたしか。
またmixiやろかな、みんな案外やってるんかな。
忘れてた、そんな高田馬場4丁目よね。(どんな)

やっぱりあぶりだすんじゃなかったでしょ!!


意外と埋もれがちなのかそんなことないのか。
(そんなことないんかい)
赤江さんと瀧さんの話もまた好きなんですよね。
こないだ水曜のたまむすび内。
どうしても瀧さんから連絡がきた話を、
ラジオでしたい赤江さんと、
それを念のためと止めつづける大吉さん。
(赤江さんがそれでも話し続けることで
大吉さんが止めつづける関係性もふくめて)

わたしには親友がいる。
こうゆうSNSとかやらないような、
自分もみんなも元々そうだろうけどね、
けど今もずっとそんな調子でさ。
数少ない彼らのうちのひとりで、
ひとまわりふたまわりも上のひとで、
ほぼここにいる理由のようなひとが、
事故で倒れて四年近く。
生きた心地がしなくてね。
何回も説明しないとだけど、
死んではいないのよね、
いわゆる植物人間でさ。
このことを延々と書いてやれと思って、
寝込んでいて思い出になるんだけど、
今日あったかのように書こうと思って。
まぁこれも作り話なんだけど(嘘)

ターシバさんと連休会った。
ひとけのない、母校で会ったよ。

自分はまざらなかった、釣りした堀から、
オリエンテーリングで歩いた丘の城址公園。
見下ろすゴルフ場、田畑のなかのともしび、
この何年どうだった?あのときおれさ、
しずかに話せた歳の市、時刻は夕凪。
肌寒くなったところで現地解散。
ひとりですこし歩いて帰る、
そう言って田舎のひと駅。
「友達作りましょうねって言われちゃったよ」
進路指導の面接で呆れたとゆう顔の教師。
それをみのるちゃんへのメールの返事にかいた。
なんか言われちゃったよ。
するとすぐ返ってきたよ。
「ここにいますよと言ってやりな」
あれはあの駅を結ぶ。
それだけでも幸せ。

(狂言)



20190501002209030.jpg

5/1曇りのち雨。

それもこれも平成へおきざり。
(興味ある珍しいひとにとってはあぶりだしの見方で)

昨夜、同級生と温泉に行くなど。
あの頃(どの頃)おでが雪を食っていた、
あの温泉(どの)の、外観だけ単に眺めて、
(代わりに同級生に立っていてもらって)(雨は飲まない)
湯宿、法師、苗場、湯宿(reprise)とゆう巡り。
先のセンチメンタルジャーニーのち、
真夜中のさきどりフジロックのち、
湯宿の湯がまぁー熱かった。
かけ湯で男ふたり、ほんと湯宿ってゆうか男塾だよ。
水で埋まらぬ熱い湯(おれはパスタか!とおもう)にそれでも、
だんだん「熱いってゆうか痒いってゆうか痛い」を乗り越えしばし浸かる。
法師はそんなで完全に日帰りの湯は間に合わなかったが、
反対にあのとき律義に昼までにこんなところまでと感心する。
おまけに雪が降っていたわけで、なかなかの根性だ。
しかしノリとはおそろしいものでのちに苗場の、
それこそフジロックのなんか入り口みたいな、
よく知らないんだけど、窓口の手前の温泉で、
むちゃむちゃ歯みがいている小太りの男性ひとりと、
われわれおじいさんふたり、離れ、露天、内湯と巡る。
しかしよく歯を磨くひとで見習わないとなとおもった。
さらにノリとはおそろしいもので令和の目前で解散、
その手前で「あさってあたりこの赤湯温泉っての」
と地図上でさらに苗場の奥にある温泉を目指そうかと、
まだ口約束の前日だが、果たして行くのだろうか。

水路際の道、崖の椚に褪紫色の藤が絡む。
耳にかけていた横髪がたれる。
残バラの武者を想起し目代を細める。
今日は実家から、隣町の際までひとりで行った。
野菜の無人販売所で、おみやげとゆうかな、
母がそこの野菜が好きでそれ買いに出た。
ぎりぎり雨に降られ、本屋でひといき。

母に、同級生との温泉の話をしていると、
お前がまだお腹にいるときなんだけどね、
と宝川温泉の思い出の話をきかせる。

宝川温泉は今どうか知らないけど、
むかしは大きな川が流れてキレイで、
そこへつり橋がかかっていて、
お父さんたちと渡ろうかとしたら、
橋のむこうで今のお前ぐらいの年の男の子がふたり、
口論になって片方のひとが怒って車に乗って、
相手に車ごと突進しようとしたんだろうね、
それがそのまま川へ落っこちたんだよ。
落っこちた車からその男のひとがなんとか出てきて、
車の上で手を振るんだけどその先は滝になっていて、
周りのひとはみんな「うわー」とか、もうだめだ手遅れだとか、
それであっという間に滝へ落っこちちゃったんだよ。
何日かして新聞に下流で遺体がみつかりましたって、
あの男の子がお母さんは忘れられられなくてね、
とゆう話。

これ、わたしは見た気がするのだ。
幼心の恐怖体験か、おっかない夢か。
なにしろそのことを話すも誰にも通じなくて、
そっかおっかない夢かと納得していたのだが。
ただお腹にいたころの話らしいので、お湯にも入っておらず、
なんだか定かな思い出っぽい。
姉に話だけ聞いて、視た気でいるのかなんなのか、
もやもや...とまたこの話におっかなさがうわのせされた。
事件としてあれば、話は早く、生まれる前か後かのこと。
にしても、ひとが滝にのまれるところって。
口論のすえ車で突撃し下流で発見って。
それを間近で見届けるってすごい状況だ。
ひとつ言えることはその頃はまだいいところだった、
とゆうことで、今を知らないが暗に今あんまりらしいなと。

宣伝があれだったのでリンクは貼りませんが、
混浴温泉モデルのしずかちゃんも、
まさかこのつり橋から人が落ちて、
ゆくゆくどざえもんとなって...とは思わず。
((思っていたらどうしよう))
そんな風に宝川温泉は混浴が今は有名だそうです。
フォローするとなれば。胎児なんでわからないんだけども。

おととい。

20190501002040283.jpg

20190501001916262.jpg

20190501001937230.jpg

20190501001848296.jpg

20190501001830279.jpg

20190501002107066.jpg

飲み屋のママさんに仔猫うまれたみたいと、
ちょうど周辺を通るので見せてもらいに行くと、
うまれたてのほっかほかみたいな状態で、
ママも「ネズミみたい」などと珍しがる。

20190501002015207.jpg

20190501001802182.jpg

夫婦で寄り添うさまなどをみると、
おじゃまかしら、となって解散。
ふつう「シャー!」とか言いそうだが、
なんにも、なんならいいでしょくらい堂々とした母猫。
夫猫も自分らには寛容らしい素振りで、
反対に子となったような気分で守られた。
冗談ぬきで画像ではどうにもならない、
観念がひっくり返るようなイキフンが、
そこへビンビコビンだったものだから、
単にひっくり返っているしかなかった。

そうして令和になった。
平成と令和のはざまでは、
これからの話として、いろいろ。
いろいろがあった。とにかく家賃は払った。
払うものは払って、話すことを話す場面。
戸締りして、命のシーン。

20190501225501596.jpg

20190502194301115.jpg

20190501225457283.jpg

20190501002434388.jpg

20190501001819588.jpg

20190501002027841.jpg

20190501002001241.jpg

20190501002359971.jpg

20190501002202520.jpg

20190501002156631.jpg

何回か前から孔雀のQIを見ている。
市役所へ行くと裏の公園で孔雀や猿や亀を見る。
何年もそうだ、だから今年もそうなのだ。わるいか。

おれたちはそれから何年もしてふたたび、
(実はみたびだがもうそれはいいだろう)
そこへ行くのだったがよく覚えもなかった。

柄にもなくはじめたジョギングで体つきが戻った、
もしかしたらあのときよりかしっかりしているのは、
この腕や脚ばかりではないのかもしれないが、
今となって思うことはあんまりくそ真面目にしていると、
それはそれで後悔だってするんだぜってことさ。
まぁここへまた来るくらい落ちぶれたなら、
ゴボウに鬼ころしに、味わってきたろう、
とっくにやめちまった辛い安タバコ、
たとえばそれは金こうもりに、
紅葉の枝さして吸うようなさ、
おれたちは劣悪さえ最高と詠った。
あん時ゃいくらなんでも若すぎたんだよ。
(なにしろ胎児)

棚ぼたなんか期待しないで今までやってきたこと、
ただそれだけを開くことが、活動ってゆうだろうね。
そういう意味でまだ何もしていなくて弱るなおれたち。

先を思うと不安になるから今日のところは寝るしかないね。

_

20190501002215899.jpg

5/2曇り

朝から風。
みんなひきこもり気質の休日で、
脳もひまだからたいしたことないことだとか、
急にだしてきては小難しく考えて、
苦悩するみたいなあそびして、
自分にうっとりしてるのかな。
わたしはしないけどね高3かよ。
さておきわたしはそれによく似た、
「高3病(こうざんびょう)」
とゆう、ならではな場面や心理状態があり、
それを自嘲もするけれどけっこう大事にする。
だからわかるよ、そのすべてが「大喜利」なの。
前も書いたけど、なので嫌いもするし、
安直だって感じるからね陥り方として。
スタイルをみつけるのって大事なことだから、
やり方の檻からは一度でないとはじまらないよ。
↑この感じ、高3病。

このウェブログの何年か前にたぶん、
ハレンチまほほんとかふれたことは、
昨今のことでふと気にしましたもんね。
いや、何かわからなかったもの前のやつも。
なにハレンチまほほんって、話題だったんだよ。
そうかといっておれもおれで何で見たんだとゆう。
こんな話題であれですが入りが。
(長々ここまでスクロールしながら、
「「まだ続くの…」」とお思いでしょうが)
(それが今にはじまったことじゃないもんだから...)
ともかくそんな彼女のニュースをみたび読む。

そんな訳で(どんな)山へ。
赤湯~川古~湯宿をめぐる。
ちなみに赤湯は挫折、なにせ草履。
ロープウェイに手をふる、保険と老後の話をし笑う。
模様はサイケデリックのエースで。

20190502202113485.jpg
聴く。
実家にあったもの、義兄にかつてもらった内。
なんだか置いておいた。

脳内pod忌野清志郎 - 空がまた暗くなる

何回目か前の回に松永さんのツイッターのリンクを貼りましたが、
わたしはRCのマーヴィーとゆうアルバムをお店でかけていた、
とあるお店のとある店員さん、のことをよくおぼえていて、
あれはきっと松永さんだったよなと思っている。
小僧のぼくはRCを知ったのは活動休止の後も後、
ゆえに最新アルバムのbaby a gogoって思い入れがある。
その時点でひとによってはむかしの作品かもわからないけど、
いつまでもこのアルバムはRCの最新作なんだって。
訃報をメールでくれた友人のことも忘れない、
今日その彼と行った温泉に入りうどん屋を横切った。
うどん屋はつぶれていた、温玉うどんのあたたかさが陽になって、
そこへたまっていた、勇気があったらここまでこいよと。
10年。そして。

サイケデリックのエース

20190502194014977.jpg

カルチャー顔!