ユリコレコードその周辺

エレクトリカルパレスシングスパレード

moblog_f66d53a3.jpg

moblog_9a2c8072.jpg

moblog_3ca81643.jpg

moblog_6c32a236.jpg

moblog_8352cb1c.jpg

moblog_8f69dbb7.jpg

moblog_5b391ab4.jpg

moblog_8671c2e9.jpg

moblog_3e76a821.jpg

moblog_f7e2b226.jpg

moblog_cadff55c.jpg

moblog_c6bd24c9.jpg

moblog_351caac8.jpg

moblog_8bfdb572.jpg

moblog_68444ed3.jpg

moblog_928f5daf.jpg

moblog_616b6ea1.jpg

moblog_5851a1fa.jpg

moblog_7adba9c0.jpg

moblog_0d63a4fb.jpg

moblog_a43a1b22.jpg

moblog_61ae26eb.jpg

moblog_1a09f076.jpg

某日くもりのち雨。

姉家族が茨城なのだが、
こないだ急に電話がきた。

やはりどうしたのかとおもう。
が「かほ(姪)が今度通う学校出てるよ8チャン」

たまたま食堂にいて、ちょうど8チャンで。
でたしかに深刻な音楽と共に傾き加減の学校が写ってた。
ちょっとせつなかった。

「そいじゃね(笑)」
と切られてしまった。

テーブルにレディースセットがきた。
ぼくがレディースセットを頼んだから。
真横にあった鏡に、上目遣いをしてみた。
まっすぐ揃えた前髪の間に地震の日を見た。

ぼくは、なにらしくもありたくない。
いいんだ、うまくいかなくて、失敗したって。
びくびくしないでデズニィボウイ。

(とそのときふるえる箪笥の小びとびと!)
(乾いた風にかきけされて最後の声も聞こえない!)

_


緊張するとそばを茹でるくせがある。
でも近ごろそばを買わないでいたらそれはなくなった。
代わりにうどんを茹でるようになったのでやれやれと、
そうこうしていたら冷凍うどんを茹でるだけ茹でて、
それを凍らせたものをまた茹でるようになっていた。
かなりやばいなとおもって、食欲もないけど食べた。
その夜、母の誕生日だった。
と思い出したように思った。

そういえば。
ぼくを産むときかつおぶしばかり食べた、
と言っていたのはなにか意味あるのかな。
いや、ないだろな、でもな。

そういえば今うどん食べた。
あたたかくなると踊るなぁ。
だからなんだ、て話だけど。

かつおぶしか。
嗚呼かつおぶし削りが出てきた。
なんで持ってるのかわからんよ。

はっ!
かつおぶしだけに!!

…あれ…関係ないな…。

日記です。

_


moblog_5388e3fd.jpg

近ごろ上原くん(誰)と妙にばったり会うので、
なんだかむしろ気味がわるくなってきた。

こないだ。
タワーレコードにでも寄って帰ろかなと、
たしか細野晴臣の新譜でも試聴してなんて、
ついでに風とロックでも、と店内奥へと。

でまぁ風とロックを前に立ち尽くす男、
それこそが、おれの上原くん(誰)と。
おぉー♪なんつんで、どちたん///つんで。

…あれ?
いやいや。
本当にどうしたの。
君たしか一週間オーストラリア行くて…。

「いやぁ、やめたんすよ」

となれば男ふたりブックオフですよね。


またある日。
ぼく、鶏肉すきでね。
夜だけども買い食いして帰ってて。

で結論から言うと曲がり角から上原くん(誰)、
そうなるとブックオフですよね。

おかげでよくブックオフ行ったなと…。
あんなに売ったり買ったりするとこで、
ブックオフの品物が止まって見えたよ。

あんまり日記じゃなくてすみません。

夕飯・麻婆豆腐、簡単なスープ(←はまっている)

moblog_c49d10df.jpg
聴く。
ギリシャの男女混合バンド。
江國滋「阿呆旅行」読む。
むかし世にある「阿呆もの」にはまった。
あらためてあれこれ読み返してみている。

10コマンドメンツ

moblog_8ccf2073.jpg

*komandoment no.10*





それはtoyuuキャラクタの回路図です。


解決

>Kujiwa+////) 4.07<φ
開発タカ(2H+(-2B))のはしのX小唄:
=; Kasata++14は-πをameotoします。


それはそれをコピーして、変えながら作動していないことで火が付きます。
それは、その後、それをメーカーに委託します。
やる気満々の部分から劣化の部品の後のKusasabiを交換します。
それに苦労しました。
すべて後の流通monotoyuuka。


上のペンネーム果物用ナイフから。
専門、yuuka、および得意のものは完了していますか?

Yannattsua、; u
あなたが言わないなら。

それは、重大であり、やめられます。
Oe; oeについてすすり泣きながら話してください。

- 私たちの鼻歌はそのようなアプローチで起こりました。

_


*Komandoment no.9

とても見えなくなりたいなら見えなくなるとき、それは良いです。
それは存在しています、そして、大いに、別のものが存在するのは、あるものです。
消滅炉は見えなくならなければなりません。

本当に、それは眠ります。
それは感じるTeです。

私は、古くはしばしば黒いしゅすのコートを着ます。
上手にすり減った皮膚の法廷が重かったので、それはそれを買いました。

それ、比較的、それですが、最近それを捨てた、比較的好かれます。

それを置かなかったので。
私は、それが結局楽しませていると思います。
どのように考えても、オーダーは逆です。

言わないでください。死…
言ってください、そして、睡眠の得るので死んでください。

それは知っています、そして、あまりにそれを貫いたか否かに関係なく、いいえは知られ
ています。
gadesukaとnanigadouyuu。

置かれたその雲を気にしてください。
この明るい窓を割ってください。

いやいや。
それも直す人がいます。

....来ます。 desuka、非常に。
ラベルを集まりと貼ること、割ったなら

**、ヨー。


現在
コンビニエンスストア
De


何でも


するのは、可能です。


何かしましたか?


それは全くしません。


それはひどいです。



上昇



本当に、それは鯉の吹流しですか?



言ってください。




))))))))(((((((((食物)







- ボールペンはします。


_


*komandoment no.8*


あなたの髪はいつも良いにおいです。

オーク、そのように。

それが香りが良い、aa; BOOK・ OFF。

それは夜の詩人です。










鼻息さえ: これに、スペースはそれであればそれを置きます。

○ 米は詰まっています。

イカ米は厳しいです。






Souyuu詩。

恥じ。

それを見たいと思います。


あります。


利益の次第。


... ..戻ってください。


使用料haraで、いてください。


....言うこと。 . .むけてください。 [-]

_


*komandoment no.7*


日本陶器はいかがですか?
アキTakaはいかがですか?
いいえ、それは同人です。

昔。
Te noritaketakaakiの友人がいます。
それはtonneruzuであり、Teはあだ名でした。


さらに高校としての最初のいろいろな事は友人をdeteします。
しかしながら、それはオーダーTeです、そして、友人では、書くのは、不快な
それらです。
とにかく、それは友人でした。
1年間の半分の後に死ぬのは、ttakedoです。


私は、失敗しても良いと思います。
これ: 言うのがいくつ調節さえするか、可能です。
私は、失敗しても良いと思います。
私は、失敗しても良いと思います。
私は、失敗しても良いと思います。

'それが何かを恐れる自らをこれに行って、1つを閉じに来た理由's心: もっとも、
聞きません。

だれも、それが道路のそばで何処にも歌で生まれた人によるそうでないと断言
しません。

コーヒーはデロンギで普通です、そして、それは普通です!

それは、遅く階段の上で会うためにいつも私にウエストについて考えました、そ
して、与えました、そして、ジェスチャーが全くなかったとき、話し始める振っ
ている各々は長い間吸い込むと考えられました。

あなたは非常にゆるやかでした。
それは最後の友人でした。
それですが、現在は既に異なりました。


古い。

それがある、とても楽しませて、何ですか?
Heraherashiとgatte。


(爆笑します)





それは笑ってうまく利用します。それを住ませてください…


_


*komandoment no.6*

先日。

家に戻るとき、それはドアnotokoのgomigaattaです。
壊滅的な空き缶とタバコの吸い殻とタバコを箱とポリ袋から取り出してください。

次の夜。
麻婆豆腐が踊っている間作られたとき、青年の声が外にありました。

思われましたが、忘れた、それ、確実にそれがそうしないかもしれない彼ら、
些細にしてください。

翌朝。
そのうえ、ゴミがありました。
それはさらに増加しました。
銀の箱、銀のタバコ、および銀のポリ袋を空にしてください。

その夜。
夕食は踊っている間、同様に作られています。
そのうえ、青年のどの声と舌における音は吐かれるか。
すぐ、それが近くにある、一言で言えば窓を切り離します。

それは電話です。質問のこのサイド警察官。
それは反対側とtemoratteの戸外の出口で待っています。


家のドアは開けられます。
それはブロック壁のようにkachiwaruです。
それは青年に質問します。
それはあなたが落としたお金か銀のゴミのゴミですか?

ドンは引かれました。

それはそれがちょうど1日のゴミであったので、ホールアウトするゴミを求めま
した。
それが機会であったので、テレビと自転車は乗られました。

それはmeguriにそこへの注意することでのそうです。引き起こす、通り。

自転車とテレビはこのようにして盗まれました、そして、衰弱した私が、それを聞
いている間、ヌードルと青年の声を想像しました。そのように…


そういえば、それはお金の粒食べました。
したがって、datoomoukedoareからの自転車が全くありません。
そしてあまりに、テレビが示されるので、私は、それがそうでないと思います。

それは交番に行きました、そして、パトロールを求めました。

さて、usoであったので、それは質問されましたが。


どうにか戻りました、そして、それは全くしませんでした。


....してください。 およそ. 何かをindatsuuする、なぜ

それはどんな話ですか?

ワカ。言うこと。 ko。


Naa。


)))))))((((((((古い)

_


*komandoment no.5*


何という自由な対数年でしょう。
それはそれを暗闇に費やしました。
始めから来ていませんでしたが。

たとえそうだとしても、私には、夢があります。
多くのそのようなもの: それはそうではありませんが。

世論とイメージを超えてください。
それは特にすべてにありませんが、いいえ。









それが既に忘れられたと思われますが。

私は、失敗しても良いと思います。
失敗しても、私は良いです。
私はそのようなもので失敗したくはありません。




))))))))(((((((((食物)








以前、1億1万円の時代から終わりのIkedosukinatabemonoは鶏肉です。不注意な
Pleaseは再びそこの基づくことに向かってあなたの好意を続けています。

_


*komandoment no.4*


はい。
それはreが中でコード化するsukinaですか?遭遇します。 -、この世ですか?
チェルシー少女、nicoの、何ですか?
また、人が良くなかった、列挙があったと思われた、マニアックの例、もっとも、
ふりをされた、不可能では、それは耳でした。
キャラクタ日陰ishi偏ります。ほんとうはひどいよろめくこと。 iitokonanかそ
れが、しばしばロックンロール恋人のお気に入りのtohaがロックされるのを実際
に聞きました。
souyuuを加減してください。いいぞ、もっとも、有名な奴で、言いませんでした。


Nipponia nipponの私に関して、日誌では、それは高校の3年でした。
それはこの仲間naniittendayo(鼻)にうんざりしました。
それは途中で、若い人がなく少しなるこれです。

皆が76年に考えを止めたと書かれました。
それ、生まれないそして ) ..Te、だれ、すべて。 ..(笑い)。 パンク。 ..
欲しくて、したがって、その方法を言ってください。 ..(笑い)。 teyuuka。 ..
teka友人inaijan、( ..笑ってください。?

たいへん言うとき、だれが自殺したかは、子供でした。
心が軽くなかった高校生のもの。



toyuuについて高山さんがいる、(だれ、)、話は書かれてい始めたか。




はい。


Ukyousan。


問題がありません。


それは、より簡単であるだけでよかったです。

_


*komandoment no.3*


それはことで登録されません。
toyuuのMoiikanaとomotta。

皆はSNSとyuumoを止めました。
それはそうではありません。不快と無料、何ですか?

姉が来なかったホールアウトしているミクシィが始められたので、betsuniは報
告されましたが、それは接続しました。

私がたいへん心配であった、それdeそれを止めました。
姉IとどんなI、およびメールがいつ来たかでそれは登録されませんでした。
toyuukotowo。 ..言うこと。 ..wazumoganaはshiです。 ... . shiku、待ち、止め
られたおよび持っている、それ。

私は、新進であり、不快です。
接続と心配を浪費します。

それには、猫のように寝入るそれがありました。
そして、前髪はまっすぐに切られました。
自己の直線がありません。


旧姓; 開花するチューリップ
カエルはクリスマスローズへ立ち寄りました。

そうでなければ、あなたは、yuunohaを揺らしながら、いつも揺れ動きますか?

恥ずかしい音楽はいくつかの睡眠です。
それが制限されていないとジャンルと思われて、それは自己の考えによって縛
られます。



空は変化しましたか?
私たちは、して、置くことのように一緒になることができました。

_


*komandoment no.2*


誤解はよくはありません。
しかしながら、それは空に浮かびます。


I.
そのような後部は高くはありません。
素敵であっても、それは何でもありません。
良い皿があまりありません。
ミルクはそうです。okkikunai全く。
それはそうではありません。nanchatteおもしろいです。

しかしながら、それはそれを憎悪しました。
Dayototemoである。するまとめます。

影があります。
秘密もあります。
それがそれでないと言われていません。
それはそうです。

正直なところ、胸は押し破かれます。
したがって、すべてが確実にそうです。
それがそうでないなら、良いです。
それはものを弁護しません。それはいません。

_


*komandoment No. *


したがって、終わりは数えられません。
あなたがそれが好きであるようにするなら、そこであるなら、それはものです。
或るものは確実にmikkaruteされます。

人々で
友人から
家族から
迷子になった人。
安全なsabokuはうまくやっています。
したがって、それは好きな状態で保たれるだけでよいです。
それは知りませんでした。
nanikonnamonの読書


夜。
ホイッスルは吹かれます。
泥棒は来ます。
爪は切られます。
各罰のために。

ストーン。
それはまっすぐ放り出します。
向こう岸に。

回。
おもしろいキャラクタ。
私は薄い切り身ボールを食べるつもりです。
月とkomandomentoです。
解雇では、それは軒と遭遇のときに眠ります。

ではexite翻訳でexite翻訳と翻訳しなさい。

みよこはそも如何に

moblog_4bbea646.jpg

moblog_51c671a2.jpg

moblog_a5a5c740.jpg

moblog_c5985a11.jpg

moblog_212eada0.jpg

moblog_edafffcd.jpg

moblog_7ee90111.jpg

moblog_4181472f.jpg

moblog_129871c0.jpg

moblog_edd7d9db.jpg

moblog_36a5f80d.jpg

moblog_6f3e90d7.jpg

moblog_20b6e694.jpg

moblog_330e3cd9.jpg

moblog_2d1ba214.jpg

moblog_b0e2e3fb.jpg

某同日。
ヘビセンターの流れで石切場へ。
みろ、ひとがバス停のようだ。

ぼくらはしあわせになれたのに

moblog_ec733129.jpg

moblog_24995b29.jpg

moblog_7996fda6.jpg

moblog_6fe7cd1b.jpg

moblog_c8789d5b.jpg

moblog_a53ea607.jpg

moblog_f57845a0.jpg

moblog_38850844.jpg

moblog_76229ad7.jpg

moblog_e6e29406.jpg

moblog_54441632.jpg

moblog_533cd160.jpg

moblog_4769e205.jpg

moblog_b1c2a82a.jpg

moblog_d9ad3ad7.jpg

moblog_957c1b5d.jpg

moblog_e25f9203.jpg

moblog_79e03d53.jpg

moblog_ddf8d9ac.jpg

moblog_30e05462.jpg

moblog_dedcb28d.jpg

moblog_75ac2034.jpg

moblog_de193610.jpg

moblog_dedbf91a.jpg

moblog_e102ad15.jpg

moblog_a4f3a929.jpg

moblog_2b0fdf81.jpg

moblog_66a32138.jpg

moblog_d31e43d6.jpg

moblog_2b656c6e.jpg

moblog_20bb5675.jpg

moblog_56db964b.jpg

moblog_0edeb4e8.jpg

moblog_e59749aa.jpg

moblog_53ee6609.jpg

moblog_7637e4d7.jpg

moblog_1113854f.jpg

moblog_99fa0acf.jpg

moblog_11f836b7.jpg

moblog_e99e5d64.jpg

moblog_562ecbe1.jpg

moblog_b8e86039.jpg

moblog_b2590a12.jpg

moblog_a554c8b8.jpg

moblog_8cd101ab.jpg

moblog_fce5c40f.jpg

moblog_34dc71a0.jpg

moblog_935c3e74.jpg

moblog_3a5cf1e5.jpg

moblog_17c8a35f.jpg

moblog_7f5dcd0b.jpg

moblog_3ed82a85.jpg

moblog_9e959496.jpg

moblog_f75d8033.jpg

moblog_b2983640.jpg

moblog_e6dc06b7.jpg

moblog_350b215d.jpg

moblog_d6c20175.jpg

moblog_6eb5b09c.jpg

moblog_ddfb1e42.jpg

moblog_96afcc48.jpg

moblog_091b2625.jpg

moblog_27c8fe84.jpg

moblog_4ff65f66.jpg

moblog_9a1ec96e.jpg

moblog_36776d24.jpg

moblog_360a95f2.jpg

moblog_82fc8844.jpg

moblog_8d81fe0e.jpg

moblog_ef1c43a9.jpg

moblog_4b1e9ca5.jpg

moblog_35d2918f.jpg

moblog_ce52e249.jpg

moblog_6b10995f.jpg

moblog_dab43070.jpg

moblog_bdc79b96.jpg

moblog_ce34e388.jpg

moblog_b87cb1e7.jpg

moblog_fb121e66.jpg

moblog_6cda71b4.jpg

moblog_b18b7eb9.jpg

moblog_f9d86f93.jpg

moblog_cea8c2dc.jpg

moblog_e99b9acf.jpg

moblog_096efe03.jpg

moblog_49089a58.jpg

moblog_6bed46ec.jpg

moblog_ea988777.jpg

moblog_e455ffaa.jpg

moblog_2c078de8.jpg

moblog_05d0722b.jpg

moblog_c6d7c4e0.jpg

moblog_19d943f6.jpg

moblog_b3339c16.jpg

moblog_886b3cdf.jpg

moblog_d0030691.jpg

moblog_0c985d23.jpg

某日。

友人とヘビセンターへいった。
まだ電車が終日運休だったりもして。
なにやってるんだ、て話だったけれど。

紺色

moblog_b5f3f3b9.jpg

ある夜。
ご飯を誰かと食べたいとふと思い、
Uくんに連絡したが時間も早く、
すれ違ったままひとりで食べた。
Uくんの家の近くのスーパーまで、
月もよかったのでサイクリングした。

特になにがある訳ではないので、
ついでに銭湯に入ったら寒かった。
さすがに冬だと公園から見える、
銀の月もまたよかった。

屋台のラーメン屋さんが屋台を押して、
ちょうど店をはじめるところらしかった。
一緒に帰るみたいでうれしくなり、
うっかり横断歩道の信号なんか無視し、
車が一瞬だけ渋滞をしていた。

ちょっとだけざまみろと思って帰った。

たまに。
親子丼あたりがおいしく出来て、
意味もなく友人の家まで行って、
食べたいなとおもうときがある。
意味がないからやめているけど、
やったらやったで面白いだろな、
てゆう顔がいくつかふと浮かぶ。
あの人が近所に居たらなとか。
毎日だとお互い嫌だからおもえる。
構わないでくれ、腹が減ってるんだ。
いっぱい食べる君がすき。

_


moblog_938e2539.jpg

そのスーパーは見るからに古い。
お惣菜が夜はえらく安いためか、
一時期とても混むがあとはガラガラ。
けれど夜遅くまでやっている。

比較的なんだか派手なおばさんが、
なんだか訳のわからない取合わせで、
ごたごたと買う姿のあとから、
それらしく鄙びたおじさんが、
それらしい夕飯らしきものを、
ぽっぽこ買っていくみたいだ。
とにかく半額シールと共に、
物がなくなる印象がする。

何度か来ても満足度の高い夕飯を、
ここで手に入れるのはむつかしい。
けれど、なんとなく気に入った、
なんとなくなお弁当を買ってみた。
ひさしぶりの外食と言えば外食。
それを銭湯で食べたわけだ。

どことなく、遠慮の必要もない、
そんなところへ行きたいときは、
なるたけひとりで北西へ向かう。
でもそれはたまにで、出来れば、
家が落ち着くとゆうのが幸せだ。
たまにでいいことは、ある。

キャピキャピしたとこもいや、
じめじめしたとこもいやだし、
気取ったようなとこもいやだ。
ちょうどいいとこなんてある訳ない。

いやなやつもいる代わりに、
心地好い場所は何処にあるか、
割とわからないものなのだね。
河原はいいけど今は寒いように。
まぁあとは寝るだけだから、
要するに言えばだけどね。

(かようにして曖昧だ)
(相変わらずだね)
(そうですね)
(仲居くーん)
(つよしー)

_


moblog_c8a7473a.jpg
ごほん。

変色した背帯を追いかけているとき、
その中身の瑞々しさに気づかなかった。
瑞々しい文章にただ夢中でいたとき、
その背帯の変色の渋さはわからなかった。
転石、苔むさず、あわよくば。

こんばんは。
どっち?のっち!チャットモンチー!!

北関東のロキノン系松葉杖男爵こと、
自律神経失調症ガールの兄です。


いやぁ。
やんややんやですわ。
ちっともいいことないです。
どいつもこいつも狂ってやがる。
ろくなやつらに囲まれてねえ。
許されるなら何人かころs、、
何人かコロ助ですわ。

そんなわけでコロ助特集です。
うそです、べんぞうさんの目特集です。

_

333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333

_


moblog_8be10fcc.jpg
ところで。

ぼく紺色の服をよく着ます。
そうゆうときはうれしいとき。
黒のときは緊張しているとき。
なんだか地味なのばっか着てる。
でもいんだ、なんか似合う気がする。
まぁその、うそなんですけどね。
重要なのは似合う自信のある服でね。
それにしても、うそなんだけどもね。

明るい色を着るときは透き通る気持ちなとき。
けど黒や紺色、暗い色だとあんまり思わない。
あと、暗い音楽、とかね。
どうでもいいけどね。

moblog_068ccbee.jpg
聴く。

「星座から見た地球」福永信
読む。コップとコッペパンとペンのひとだ。


ヘルメットみたいな髪型になるなど。

_


moblog_e346f595.jpg
最初とゆうのは話題にだってなるけど、
二回目からは「あぁ、またか」になる。
「相変わらずだね」になったらラッキーで。
ひとの言うことなんてまるで気にならない。
だいたいぼく話題になる要素すらないから。

世間とゆうよりか世間体が大嫌いなので、
いわゆる一般的な常識はほぼないと思う。
よく取り繕うひともいるけれど、
まぁとやかく言うひとはさておき、
それでいいんじゃないかと。
むつかしいけどね。
簡単なことだから。
なにも恐かないのさ。
大丈夫うまくやるさ。
煩わしいなら逃げていいよ。

moblog_1b814c40.jpg
聞く。
柴田翔「されどわれらが日々」読む。
ちょうど柴田茂とゆう詩人にはまっていて、
ごっちゃになって急に出てきたので読んだ。

音楽を聞くと耳が聞こえて幸せだと、
散歩をすると目が見えて幸せだと、
感じると共に、限りある時間の中、
いつまでも色彩が光がそこにある、
平和だけは永遠でいてほしいなと、
たまーにだけれど、おもう。

などと綺麗にまとめ、腐るのは楽だけど、
本当は、かなしいのでないですか。

_


それでぼくらはどさ回りに出たのだった。

moblog_a8b569d5.jpg

moblog_022e7374.jpg

moblog_36fb8485.jpg

moblog_047b18be.jpg

moblog_1b88a74e.jpg

moblog_9f187626.jpg

moblog_e0901efa.jpg

moblog_4c82f750.jpg

moblog_5e6313e8.jpg

moblog_c4751778.jpg

moblog_5774da01.jpg

昔。
ジョン・レノンに興味をもったきっかけがあります。
ひねくれて聴かずにいたぼくの高校時代にふと読んだ、
1961年スチュ・サトクリフに宛てたとされる手紙。
まだ、うらわかき彼の、ひとつの引用ではあるけれど。

あの頃のことを思い出すと
ぼくの好きな人たちは
みんなぼくを憎んでた
なぜってぼくが憎んでいたからさ
でもそれがどうしたっていうんだ

何を思いだして見ても
悲しみがつきまとう
悲しみが深すぎて
もう何も感じないんだ



愛と平和の代名詞としか思えなかった彼の、
そのあまりにも蒼く痛々しい一文を読んで。
なにか希望(らしきもの)を読んだ気がした。

世の中に。
家族に。
友達に。
はぐれてしまった心は無傷。
ぼくらはただなんとなくです。
ほんとうだよ。

あといとえとおとことそとはとひとまとあかいかおかさかしかたかちかなかぬかはかゆにたなびくなでしこをや

moblog_bbed864d.jpg
スター性のある花より地味めの花がすきです。

moblog_31df06d0.jpg
地味な植木へ。

moblog_7a31a979.jpg
地味な看板へ。

moblog_2f9a63d5.jpg
なんばへ。

moblog_e6fdf598.jpg
野菜くらぶへ。

moblog_b8bbabf5.jpg
わかばとやきそばへ。

moblog_2cdfb194.jpg
なんか照れてやがる犬へ。

moblog_9b6f7781.jpg
見るからにあぶないやつへ。

moblog_a01f2824.jpg
車だけが残った世界へ。

moblog_aa6364a8.jpg
坂の上よく見りゃ中学生へ。

moblog_14dc878d.jpg
いやらしく自分へ。

moblog_26dd68c8.jpg
ここを曲がったところへ。

moblog_c415b7f8.jpg
カーネーションはきらいになれません。