ユリコレコードその周辺

岡絵梨子の謹賀新年日記☆

moblog_c497a3b2.jpg
みなさん、おひさしぶりです!
あけましてピザでとうございます!
今年もピザしくおねがいします。

いやぁ。
謹賀ピザ年とゆうことで。
わたしピザすきなんですよね。
やっぱしピザて豊かな気持ちがしますよ。
初詣すらくそくらえですわ!

よく「いい年」なんて言うけれど。
わたしはいい年じゃなくてもいい。
健康第一くらいかな、普通でいい。

あと仕事も順調でいながら働きたくなくて、
ピザ食べながら痩せながら若くてモテたいな。
やや安定した収入と爆弾みたいな支出、
使っても使っても減らない札束が欲しい。
ニセ札が許される社会になるといいなー。

そんなささやかな日々があればいい。

_


moblog_7db55b26.jpg
あけましておめでとうございます。
落合フクシです、あと妻です。

それにしても正月どこにも行きたくないよね。
あとクリスマスとか年末とかね。
おれ人間がおっかないし。
あと妻です。

いや、昔はよく初詣とか行きましたよね。
でもさ逆に言うとあれはほぼ子供のものだよね。
だってお参りして人生かわんないじゃないすか。
子供の頃はよくお賽銭ぬすんだりだとかさ、
知らないおじさんのポケットから財布とか、
まぁひょいと収入があったわけだけどね。

なんちゃってね。
妻がそう言ってましたね。

moblog_015a6fcf.jpg
だから正月こうしてふたりで過ごしてます。
今にもいやらしいことが始まりそうでしょ。
ところがどっこい夕飯に鮭焼くか出前とるか、
ふたりでちょっともめちゃってね。
そうしたら正月でどこも店は休み。
じゃ鮭焼こうかつんで落ち着いて。
で今からいやらしいことするとこ。

あ、ちなみにね、これ親戚まで読んでるわけ。

てへへ、て感じですよね。
権利は無視され義務は押しつけられる世の中。
自分で選んだ道なのにあんたもそうなるのかい、
つんでさ。

生意気なこと言ってすみません、
てあやまれ、と妻が言ってたよ。

てへへ。

_


moblog_06e5b547.jpg
megです。
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくおねがいします。

なんでもここの次七さんとかゆう、
挙動不審すぎて存在感がない方が、
わたしの「Candy」とゆう曲で、
よく踊られるとかで。

次七さんの弟さんと偶然幼なじみで。
それで新年早々おじゃましました。

なんでもこの「田老芋彦と岡絵梨子シリーズ」
をコロッと忘れていたので、とゆうことで、
わたしはそう言われてもわかんないけれど、
そんなわけで、なんだろう、謹賀新年。

_


moblog_79fc146c.jpg
田老芋彦です(左)
帆布次七です(右)

いやぁいろんなひとがいるもんですよね。

ザーピー食いーの、メーラン食いーので、

みなさん今年もピザしくおねがいします☆

_


あら。
全部もってかれちゃったわね。
まったくもう次七さんと、元カレの芋彦くんたら!

・絵梨子・

(次回いつの間に別れていた芋彦と絵梨子のその後とは)

わをんまカセット

moblog_e523ea9b.jpg
晴れ。

あけましておめでとうございます。
麻木久仁子です。

数日とても寒かった。
これからが冬だろう。
楓の木の匂いがする。
胡桃が割れ返る月星。

日中。
切り絵のような陽射しの窓際、
じぶんの陰の頭から湯気がでていた。
なんだか焦げ茶色の心拍数がしたまま。
銀の包装紙にくるまれた真冬の気持ち。

硝子の水玉。
もういつの間に新年。
今朝から暖かな陽気だ。

_


moblog_c77cbcad.jpg

昨夜。
「トイレの神様」とゆうのが何か教わる。
すっかり浮世離れしていて知らなかった。

ちょうど紅白。
幼なじみIの車内でカーラジオにて、
そんな「トイレの神様」の話に。

なんでも、紅白のために短縮ver.を、
とゆうことから、もめたりなんだりで、
で結局7分程あるオリジナルver.で、
とゆうことがあったくらいなわけだし、
じぶんも店頭で見かけたことあるし、
とりあえず余程はやってるのだろう、と。

そういえば紅白て事前になにか問題があり、
そこへ和田アキ子が出てきて云々かんぬん、
を含めたエンターテイメントだったなぁ、
とゆうことを急に思い出してきた。

それはともかく。
「どんな歌なの?」とIに訊いてみると、
10秒くらいでさらりと説明してくれた。
なるほどねーとぼく、うん、とI。

そこから7分のことは全く覚えていない。

_


moblog_c2a0f914.jpg

なんだか落ち着かない年末年始。

じぶんの意思がなにも反映されない、
こともあるし、どうにもならない、
こともあるだろうし、腑に落ちる、
ことがないことも生きてるとある。

どうしても状態や状況だけでは、
はかりしれない想い、てある。
だから通じ合えないことも。

それを一掃したり出来る年末年始。
単なる翌日だとゆうのにね。

ただ年々「そうでもない」。
だって変わらないからね。

抱負とか、ないなと。
けど毎年こう外面よくなにか言う。

だから今年は抱負を持ちたいですね。

(高校3年ときから変化のない先取り正月ボケ)

_


moblog_6cb13d07.jpg

先日。
寒さしのぎにふと入った喫茶店。
窓の外のアーケード屋根のなかは、
雪のように静かな夜だったのだけど、
向かいの履き物屋さんでおじいさんと、
きっと孫であろう女の子は朱い半纏を着て、
ぴょこぴょこ店の片付けを手伝っていた。

そういえば姪も大きくなっていた。
大きくなった、とゆうのもなんだけど。

姿が甥は男らしくなっていた。

でも、かわいらしかった。
世の中の「かわいい」はなんだろう。
ぼく、そんなにたくさんかわいいものないよ。

歯医者の帰り道またトンビコーヒでもよってくか。

moblog_d9db04f6.jpg
聴く。

阿部謹也「中世を旅する人びと」読む。

脳内で明和地所のCMの曲がぐるぐると。
誰なん、これ。

_


なんだかな、だな。

moblog_079c08ac.jpg

moblog_b1488a0b.jpg

moblog_3e52d36d.jpg

moblog_52140b58.jpg

moblog_0f3de2a1.jpg

moblog_c530f729.jpg

moblog_bef26fde.jpg

moblog_445d7bbf.jpg

moblog_29d28c05.jpg

もう帰ろうぜ。